ブログ

狭小住宅でも広く明るく住まう

最近、海老名は、圏央道海老名インターチェンジや、ららぽーとが出来たことによるのか、急激に地価が上がっています。
海老名市内で広い土地を安く手に入れるのがかなり厳しくなっています。

狭い土地でもプラン次第で大きく住まう方法があります。
価格的に有利な狭小地を狙うのもいいのではないでしょうか。

そんな中、間口5.4m×奥行12.9m、面積70㎡(21.2坪)という狭小地での建替えをおこないました。
狭小地を購入するのに参考にしていただけたらと思います。

_R0A0617
間口いっぱいにプランニング、建ぺい率・容積率ともにギリギリまで広くしつつ、今まで無かった駐車スペースを設けました。
近所に借りていた駐車場代が節約できて、ローンの返済に回せます。

_U1C1709
ウナギの寝床のような建物は、隣地の建物が迫り、暗くなりがちですが、隣戸より少し軒を高くすることで、南からの日差しが差し込みます。
今まで暗かった1階居間には、大きなテラス窓から階段越しに採光をとっています。

_U1C1754
バルコニー横の階段は、一日中明るい空間になりました。

2017年6月9日 posted|→ 記事一覧
ページトップへ
サイトマップ 会社案内 トップ